工法・材質・仕様

ESCAPEは低コストながら基礎からしっかり施工し、断熱・柱・建具すべてにおいて注文住宅レベルの高品質の施工を実現しています。

Joto基礎パッキン工法

基礎のコンクリート部と土台の木部の間に「基礎パッキン」をはさみ空間を作ることで、床下の通気性を良くし、同時に水分を吸い上げやすいコンクリートと乾燥状態を保ちたい木材とを絶縁する工法です。

木材の乾燥を保つことでシロアリ被害を予防する事ができます。

ダイライト工法

軽量で高強度、防・耐火性、ゼロアスベスト、低ホルムアルデヒト。腐りにくくシロアリにも強さを発揮する壁面構造体を使い、丈夫で長持ちする住まいを実現できる工法です。

地震・台風・火災といった災害に強く、安心して住んでいただくために採用しました。

床下発泡型断熱

発泡型なので隙間を残さない、高気密・高断熱でしかも人にやさしい断熱材です。

津軽の寒くて長い真冬でも快適温度を維持でき、一番冷える足元の暖かさを保たせるために採用しました。

基礎補強・杭打ち

杭を地中に埋め込んで建物を支える杭打ちや、基礎補強をしっかり行い丈夫で安心な住宅を建てています。

親水コーテイング外壁

雨の力で外壁が美しく保たれます。雨垢を防いで外観を損なず、新築の外観を保つために採用しました。

「Low-E」複合ガラス

暖めた部屋が寒くなりにくいため、省エネ効果が期待できます。津軽の冬は暖房費がかさむので、少しでも費用軽減。結露もしにくく健康的な室内環境になります。

※設備や仕様は建物により変更する場合もございます。